『おいらの田んぼ』のあぜ道日記


日本三景松島のササニシキとひとめぼれの産直農家『おいらの田んぼ』のデジカメ日記です。
   
育苗ハウスの準備です!

 

きょうはことし一番の陽気です。
今まで寒かったり暖かかったりと冬と春が行ったり来たりしていましたが、

ここに来てようやく春を感じられるようになってきました。
田んぼのほうも暗渠排水工事も順調に進んでまもなく完了するようです。

工事が終わるのをまって田んぼの農作業を始めようと思っていますが、

その前に育苗ハウスの準備をしています。
この育苗ハウスも延ばし延ばし使って丸6年。

透明なビニールも白くなってところどころ穴だらけです。
そんな訳で今回新しいビニールに張り替えました。
古いビニールを外して新しいビニールを張り替えるだけですが、

なにぶん寒さにかまけて“体力の温存”に励んでいたものですから

結構身体にこたえます(^^;)。
ことしのお米づくりもいよいよ始まります。
来月の種まきに向けて少しずつ身体を慣らして行きたいと思います。

| 米づくりの様子 | 18:26 | comments(0) | - | pookmark |
田んぼの工事の打ち合わせです。

 

年が明けて始まった田んぼの暗渠排水工事の順番がようやく回ってきました。

おおよそのことについては決まっていましたが、きょうはそれの最終確認です。
田んぼが大きくなれば作業ははかどるけれども
田んぼの高低差がでてきて水の駆け引きがむずかしくなります。

わが家の田んぼも排水側より用水側のほうが低くていつまでも水が抜けずに溜まってます。

初めのうちは田んぼが大きくなって喜んでいたけど稲刈りのときは田んぼがぬかって大変でした。
そのへんのところも前もってお願いしていたので、
予定どおりに工事が進めば大丈夫だと思います。
工事が終わるのが4月上旬の予定。

去年の春は、工事が遅れにおくれて田植えの直前だったことを思えば上出来かな。
工事が始まる前にいうのはおかしいけれど予定どおりに終わることを願うばかりです。

 

| 米づくりの様子 | 06:31 | comments(0) | - | pookmark |
最後の工事が始まりました。

 

お正月が終わったと思っていたらもうすぐ2月ですね。

この時期は田んぼも凍って寒いのですがことしは暖かです。

台風19号の影響で遅れていた暗渠排水工事がようやく始まりました。

これが終われば復興工事も終了です。

冬の作業は大変でしょうが春の米づくりに間に合うようにガンバってもらいたいです。

| 米づくりの様子 | 13:41 | comments(0) | - | pookmark |
コンバインが帰ってきました!

 

自分で整備したコンバインでしたが、気になるところがあったので

機械やさんに診てもらいました。
私がやるとかなりの確率でエンジンがかからない。

他のひとがかけると一発で始動する。
そんなバカなと思いながらも稲刈りを終えたが、

やっぱり気になったので診てもらうことに。
結局のところ、始動のタイミングがズレているということで

メーカーを呼んで調整してもらったそうです。
ひと昔前の機械だったら機械やさんが直したけれど、

今の機械は大事なところはほとんどがコンピューター制御なので、

そこが狂うと手が出せないのだそうです。
調整してもらったついでにコンバインを全部チェックしてもらったら、

十数万円の請求書と一緒に帰ってきました。
想定外の出費でしたが、無事に直って目出度し、めでたし!
何はともあれ、私のせいでなかっただけでも良かったです(^^)

| 米づくりの様子 | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
これ、なぁ〜んだ?

 

田んぼにずらりと並んでいるのは、綿菓子の大きいヤツではありません(笑)

お米を脱穀したときに出たもみ殻です。

透水性にすぐれ、腐りにくいので暗渠工事の資材として使います。

田んぼの工事もこの暗渠排水工事で終わりで来春までには完了するそうです。

一年に一度の米づくり。

ことしは工事の進み具合を気にしながらの作業でしたが、

やっぱり米づくりはじっくり腰を据えてやらないとつまらない。

来年は落ち着いて米づくりをしたいものです。

 

| 米づくりの様子 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
☆★ご注文受付再開のお知らせです☆★

 

きょうからご注文の受付を再開します。
皆さまからのご注文、心よりお待ちしておりますm(__)m。

| 米づくりの様子 | 06:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぐるっと一周600メートル!

(大きな写真は台風翌日の写真です)

 

工事の前は台風や大雨が降ると水が抜けるまで時間がかかっていましたが、

工事が終わった今は先日の台風の時もすぐに水が引いて助かりました。
田んぼが大きくなって道路も水路も整備されてとても便利になりましたが、

台風や大雨の時は早く排水することが大事です。
稲刈りは終わっているので急ぐこともありませんが、

要らない水はさっさと流してしまいたいのが正直な気持ちです。
そんな排水路ですが泥がたまってところどころ草が生えています。
このまま放っておくと来春には草がビッシリ生えて

水の流れが悪くなるので今のうちに取り除きます。
猛暑の頃とは違って吹く風もひんやりして気持ちが良い。
排水路の長さはぐるっと一周600メートル💦
一日や二日で終わる作業ではありませんが気長にやりたいと思います(^^;)。

 

 

| 米づくりの様子 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
放射能は検出されませんでした。

 

大変遅くなりましたがことしのお米の検査結果をお知らせします。
検査の結果は、ヨウ素、セシウム134、セシウム137ともすべて不検出でしたので

安心して召し上がってください。

なお、“検出せず”というのは、検出下限値よりも低い数値は検出できなかった

ということで放射能の値がゼロということではありません。

同じ不検出でも検出下限値の数値で違ってきますので、

各測定項目の検出下限値でご確認ください。
昨年はお米づくりをお休みしたので検査を受けられませんでしたが、

ことしはお客さまからお問い合わせをいただいて検査しました。

原発事故直後から検査をしていますが、

この7年間は不検出という結果になりました。

お米をご購入するときの参考にしていただければ幸いです。

検査機関: 一般財団法人 宮城県公衆衛生協会
測定方法: ゲルマニウム半導体

検出器を用いたガンマー線スペクトロメトリー

による核種分析法
試料名と測定日: 令和1年産 玄米   2019年10月28日測定
測定時間: 2000秒

※検出下限値とは、検査する機器が有効に測定できる最も低い数値で

試料の量や測定時間等で値が異なります。

(今回の検出下限値は、放射性ヨウ素は0.8Bq/Kg、放射性セシウムCs-134は

0.6Bq/Kg、放射性セシウムCs-137は0.9Bq/Kgです)

| 米づくりの様子 | 04:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新米の販売を始めました!

(左は5キロ袋、右は2キロ袋です)

 

きょうから、農薬を使わないササニシキと農薬を減らしてつくった

ササニシキとひとめぼれの販売を始めます。

 

お米の発送につきましては、少々お時間を頂く場合もありますのでご了承ください。
(ご注文をいただいた時にお知らせします)

| 米づくりの様子 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ササニシキ、一等米でした!

 

これまで検査の終わったお米は全部、一等米でした。
ことしは暑さのためにお米の品質が悪くて

等級落ちのお米が多いと聞いていたので安心しました。

お米の等級検査は、主にお米の外観に重きを置いて決められていて、

今後は見直されるのだそうですが何はともあれやっぱりうれしい(^^♪
農薬を使わないササニシキは工事明けのために取っても取っても草だらけで、

めげそうになる気持ちにムチ打ってがんばった甲斐がありました。
お米の販売までもう少し。

15日の再開をめざして準備していますのでよろしくお願いいたしますm(__)m。

 

| 米づくりの様子 | 21:07 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE