『おいらの田んぼ』のあぜ道日記


日本三景松島のササニシキとひとめぼれの産直農家『おいらの田んぼ』のデジカメ日記です。
   
<< 色彩選別機を導入しました! | main | 今年もハラハラ・ドキドキ!の米づくりが始まりました。 >>
“鶏ふん”運び
毎年米づくりに使う肥料や資材などは、これまで全部、JAに注文していたが、今は、一部の物を除いてなるべく自分で調べて購入している。
特に、農薬を使わない米づくりに使うものは、多種、多様なものがあるので、その中から自分の米づくりに合ったものを探して、色々と試してみるのもまた楽しみの一つです。
その中の一つである肥料については、これまでは米ぬかと市販されている有機100%の肥料を使っていたが、今年は、市販の肥料を止めて“鶏ふん”を使ってみることにしました。
“鶏ふん”は肥料の種類としては、牛ふんなどと同じ“たい肥”となるのだそうだが、エサには、トウモロコシや油カス、米ヌカなどのいろんな有機物が使われており、その“鶏ふん”には作物を育てる肥料成分のほかにも、ビタミンやミネラル、それにアミノ酸や酵母なども含まれているということなので、私も以前から是非、使ってみたいと思っていたのだが、“鶏ふん”特有のあの強烈な匂いや、荷姿、購入先などの関係で、毎年、翌年の肥料設計を考えるたびに立ち消えになっていたが、今年になって、我が家でも使えそうなものが手に入ることがわかり、急遽、雪のない日を見計らって“鶏ふん”を運ぶことになりました。

   
   
“鶏ふん”の使い方としては、稲わらの腐食を促進させるために秋の使用とそれから春肥料として考えていたが、今年は春肥料としてからの使用になります。
田んぼのほうはというと、まだ冬の眠りのままですが、今年の米づくりがどうなるのか、“鶏ふん”を使ったイネの姿を思い描きながら今からすごく楽しみです(^^)。
| 米づくりの様子 | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.oiranotanbo.com/trackback/754273
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE